スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

第二子出産

2014/05/28 Wed 09:52

5月6日、第二子となる元気な女の子を無事出産しました。

「二人目は陣痛が始まったらあっという間に出てくるから、油断しないで早めに連絡すること!」と産院の母親学級でも言われていましたが、本当にその通りのお産となりました。

出産2日前ぐらいからお腹の張りが頻繁になってきていたので「そろそろかな?」と思っていたところ、5月5日におしるし。産院に電話すると、「念のため入院準備をして来て下さい」とのこと。お腹の張りは30分間隔ぐらいでしたが、陣痛がそろそろ始まるかもしれないとの先生の判断により、入院することに。

お腹の張りは夕方には15分間隔になり、深夜0時頃には10分間隔に。痛みもじわじわと強くなってきましたが、ここからしばらくは間隔も痛みもこのままの状態を保ちながら翌朝を迎えました。6時半頃から急に痛みが増し、間隔も8分、7分、5分とどんどん短くなってきたため、慌ててナースコール。「分娩室に来てください」との指示でベッドから起き上がろうとするも、すぐに陣痛の波が来て「アイタタタ・・・」。部屋まで来てくれた看護師さんと一緒に何とか分娩室へたどり着き、分娩台へ上がったのが7時過ぎ。分娩室に先生が現れるまで、いきみたくなるのを必死にこらえて待つ時間のなんと長かったこと!先生の顔を見たときは、ようやく産める・・・!とようやく気持ちが落ち着きました。先生、看護師さん、助産師さん、そして駆けつけた夫の声に励まされながら力いっぱいいきみ、無事出産!39週と4日目の5月6日、午前7時58分、体重3018gの元気な女の子が生まれました。

長女のときは弱い張りが延々と続いてなかなか強い陣痛にならなかったため、陣痛促進剤や風船や吸引やら色々施してもらい、最後にはお腹まで押してもらってようやくの出産でしたが、今回はそういった処置をせずに産むことができました。やはり産道が出来ているって違うものなんですね。

出産数日前から長女の風邪をもらい、喉・鼻がつらいまま入院し、早朝から寝不足で出産に臨んだので、産んだ後はしばらくフラフラしていましたが、お産自体は安産だったのでホッとしています。頑張って出て来てくれた娘に感謝、周りで支えてくれた全ての方に感謝です。ありがとうございました!!!

スポンサーサイト
マタニティライフ&子育て日記 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。